お家のコラム

「リフォーム」と「建て替え」について

「リフォーム」と「建て替え」について

経年劣化や家族構成の変化によって、マイホームの改修が必要になった

そんなとき、最初に頭を悩ませるのが、「リフォームor建て替え」の選択だと思います。

今回は、双方の特徴を比較しながら、どちらが、ご自身にとって“お得な選択”なのかを考えてみましょう。

まず、リフォームの定義は、既存の基礎部分は残して、部分的に改築、修繕、増築などを行い、新築同様の状態に戻すことを指します。水廻りや、屋根・外壁のみといった部分リフォームや、目に見えるものをすべて新しくするフルリフォームなど、その改修範囲はさまざま。最近人気を集めている、家の内部をすべて解体撤去してから、新しく内部を造り直す「リノベーション」もリフォームの一種とされることもあるようです。

また建て替えの定義は、既存の住宅を、基礎部分から取り壊して、新たにゼロから住宅を建築することを指します。実はすべての住宅が建て替え可能ではなく、「建築基準法で定められた幅員(幅)4m以上の道路に2m以上接した土地でなければ、原則として建て替えができない」など、さまざまな制約がありますので、ご自身の住宅が「再建築不可物件」か否かのチェックを最初に行うようにしましょう。

 見た目においては、どちらも“新しさ”を感じることができるリフォームと建て替えですが、それぞれ、費用や工期などに大きな違いがあります。

 

~それぞれのメリットデメリットについて~

「リフォーム」

◎メリットは、コスト面がおトクで、必要な部分のみの改修が出来る。

×デメリットは、劣化が激しい場合、補修費用がそれなりにかかる。

「建て替え」

◎メリットは、間取りや設備などの不満をほぼ解決できる。リフォームよりも比較的に、多額のローンが組める。

×デメリットは、コストが割高になりやすい。工期が長い、各種税金(不動産取得税、固定資産税、都市計画税、登録免許税など)がかかる。

 ◎コストや工期をカットしたいならリフォーム  ◎自由度&長期視点なら建て替え

 

☆ご自身の住宅に最適なのは、どちらなのかトータル的にみてご検討されることをおすすめします☆

 

最近の記事

ご来店予約フォーム
アリオ札幌店
Tel. 0120-544-446受付時間 10:00~21:00
イオン札幌元町店
Tel. 0120-970-947受付時間 10:00~21:00